『黒舟』を優良競艇情報サイトとして自信を持ってオススメします。

悪徳サイトとの違い

悪徳サイトイメージ

競艇情報サイトは全体の9割以上が悪徳サイトだと言われています。
そもそもインターネットによる競艇情報配信サービスが普及したのは、ネット投票の普及したここ数年です。

 

競馬情報サイトと比較されることが多いですが、競艇情報サイトは歴史そのものが浅い業界で、長年運営している老舗大手が少ないです。
優良業者を見極めることが難しいカテゴリーですが、当サイトでは黒舟(黒船)を優良競艇情報サイトとして自信を持ってオススメしています。
悪徳サイトとの違いをまとめました。

 

 

運営会社情報がしっかりしている

黒舟の運営会社は合同会社レックです。
一部で合同会社は信用できないと言っている方もいますが、出資者を募らない運営の場合は税制的なメリットが多く、Amazonや西友、Appleの日本法人など大企業も多数採用している会社形態です。

 

合同会社としての運営は決してネガティブに捉えるものではありません。
むしろ会社名を非公開にしている業者の多い中で、法人として運営している点を評価できます。

 

オフィスはしっかりした事業向けのテナントで、登記情報も確認できます。

 

 

情報公開が安定している

プランごとに情報配信日時を明記していて、常に時間前には安定した更新をしています。
平日の日中から的中実績を配信レースが終了すると随時Webページの内容を含めて更新しています。

 

悪徳サイトは少人数の運営で、他の事業や詐欺サイトの運営を複数行っているところが多いです。
非会員向けページの的中実績を含めて、毎日何度も更新している様子を見ると、専属スタッフを使った実態のあるサービスであることが分かります。

 

平日は19時まで運営していて、営業時間内であればスムーズに電話が繋がります。
ネット投票のやり方や舟券の買い方、プラン選定など、どんな内容でも相談すればスタッフが丁寧に対応してくれます。

 

 

無料情報が当たる

競艇情報サイトは料金設定や運営のサポート体制も重要ですが最終的には結果が全てです。
ただし、高額な情報は数十万円以上かかるので、手軽に実践して確かめることができません。

 

そこで重要になるのが無料情報です。
無料情報はあくまでおオマケのコンテンツで損失を出しても文句を言えません。
しかし、競艇情報サイトの実力を知るためには重要な指標になります。

 

少なくても長期的に見て無料情報で損失を出すようなところは有料情報も当たりません。
黒舟は会員が100%勝つことを目標に無料情報だけでも回収率100%以上を確保しています。

 

悪徳サイトと明確な違いが出ているのは無料情報の精度です。
コラムなどの読み物でごまかすのではなく、買い目中心の情報配信で実力をアピールしています。
初回割引キャンペーン(開国宣言)もありますが、無料情報だけで利益を出して軍資金を作れるのが他の悪徳サイトとの決定的な違いです。

 

悪徳サイトは適当な予想を無料情報として集客し、舟券購入代金の損失を出したユーザーに対して、有料情報は高額配当をコンスタントに出していると宣伝して課金させるように誘導しています。

 

黒舟の有料情報についてはこちらを御覧ください。
有料情報