競艇情報サイト『黒舟』の開国宣言を使う際のオススメは1stBOOSTです。

初回限定「開国宣言」

初回限定「開国宣言」を利用すれば、新規会員して最初の課金で「1stBOOST~ブースト」「セカンド・インパクト」「ギア・サード」の3つの基本プランが1万円引きで購入できます。
また、開国宣言限定で1レース分の特選情報が無料でついてきます。
対象コースは2レースセットになっているので、特選情報を含めて3レースを特別価格で提供されます。

 

黒舟(黒船)では参加者全員が利益を出すことをコンセプトにしていて、新規会員が初課金で手堅く利益を出せる取り組みをしています。
初回限定「開国宣言」での期待収支はプラス30万円です。
いきなり大きな利益を出すと、そこで満足して散財してしまう人もいますが、利益を軍資金に回して毎週有料情報を買っていくことで、勝ち組への仲間入りを果たせるようになります。

 

 

購入期限

開国宣言は初回課金専用の特別プランで、登録してからの期限はありません。
黒舟は回収率100%以上を期待できる無料情報を毎日提供しています。
月平均で2万円ほどの利益を期待できるので、無料情報を活用した軍資金作りから始めれば、わずかな舟券購入費用のみで始めて有料情報にステップアップできます。

無料情報の詳細はコチラ

 

 

アカウントを取り直せば毎回開国宣言を利用できる?

アカウント取得のイメージ

黒舟の会員登録に必要なのはメールアドレスのみです。
フリーメールでアカウントを取り直せば、黒舟のアカウントを複数取得できるので、理論上は開国宣言を何度も利用できます。

 

1万円の割引があるだけではなく、特選情報の配信で期待値や提供レース数が増えるので負ける確率を軽減できます。
運悪く不適中になった時はアカウントを取り直すことをオススメします。

 

数十万円の利益を目指すのであれば開国宣言を繰り返し利用すればいいのですが、黒舟にはベテラン会員限定で配信されるシークレットゲートという非公開プランがあります。
大きな利益を目標にするのであれば、的中したらそのアカウントを育てていって、シークレットゲートへの招待を目指した方が将来的に資産を増やせます。
開国宣言での目標利益は30万円なので、1回の勝利で当面は安定した運用ができます。

 

手間をかけてアカウントを取り直しているユーザーは少なく、利益が出ているのであれば、同じアカウントを使い続けて実績を残した方が有利なことが増えます。

 

 

毎週買えるワケではない

開国宣言は初回限定でなおかつ限定販売を行っています。
購入希望者が多数いる場合は売り切れになって、次の発売を待たないといけません。

 

単純に割引をするだけではなく特選情報も付けているので、自信のあるレースでしか情報配信をしていません。
アカウントを取り直す手法も悪くはないですが、新規アカウントを取っても、勝負をしたい日に購入できる保証はありません。

 

 

開国宣言はいくらから始められる?

開国宣言の対象になっている3つの基本プランは以下の料金設定になっています。

 

1stBOOST

料金:29,800円
提供レース数;2

 

セカンドインパクト

料金:49,800円
提供レース数;2

 

ギア・サード

料金:99,800円
提供レース数;2

 

 

いずれのプランも3連単5点前後で推奨購入金額は1点あたり2,000~5,000円です。
開国宣言では対象プランは全て共通で1万円引きされるので、エントリー料金は1stBOOSTの19,800円になります。
ちなみに目標利益は1stBOOSTで30万円、セカンドインパクト50万円、ギア・サード100万円です。
特選情報は各プラン共通なので、開国宣言を使う際のオススメは1stBOOSTです。