競艇情報サイト『黒舟』の的中実績は必然によって導かれたものなのです。

黒舟(黒船)の現地至上主義

黒舟(黒船)ではスタッフが現地に出向いてリアルタイム情報を入手しています。
現地に常駐しているエージェントスタッフはエンジン・ペラ・会場の特徴・ボートレーサーに関する情報などを仕入れて精度の高い予想を可能にしています。
ネットによる情報が増えた現代においても、黒舟が現地至上主義を徹底する理由を解説します。

 

 

現地には数字で分からない情報がある

現地エージェントによる取材内容は主に以下の通りです。

 

  • モーターおよびボートの状態
  • 水面の状態
  • 選手の状態
  • ボートレース場ごとの特性、傾向

 

競艇は現地に行かなくても動画の閲覧、展示タイムやレースタイムの内容を確認できます。
しかし、モーターやペラの状態など数字だけでは分からない情報も多数あります。
競艇のことを知り尽くしたエージェントが、エンジン音や走っている様子、スピードガンを使った通過速度の計測、水面や展開の影響で受けた優劣などを現地取材しています。

 

 

情報のリアルタイム配信はしているの?

スマホを見る男性の手

基本的に情報のリアルタイム配信は行っていません。
現地取材しているので、SNSなどを使って情報配信することは簡単ですが、買い目を直前に変えたり配信時間が遅くなるとユーザー離れが起こったり、直前情報を取り逃がした会員からのクレームが来ます。

 

主に、翌日や翌節の情報にリアルタイム取材を役立たせています。
競艇選手は節の中で毎日1~2レース出走します。モーターの状態や負けても内容の良いレースであれば、次の日のレースでも期待できます。

 

モーター(ペラ)やボートは抽選で決まりますが、選手による調整力で性能アップが可能です。
モーターごとのデータは公開されていますが、調整の上手な人選手が使った後のモーターはデータ以上に期待値が上がっているものです。
こうした細かいデータを現地取材で収集することで、データだけでは見えない根拠のある予想を可能にしています。

 

 

データ分析で精査を行う

黒舟はチーム制での予想を提供しています。
現地エージェントが集めた情報を元に、過去の膨大なデータから精査を行っています。
市販ソフトとは比べ物にならないほど高い精度を誇る独自開発したアルゴリズムを活用し、現地取材とデータの双方で期待できるものだけを配信しています。

 

黒舟のアルゴリズムは日々進化を遂げていて、的中率と回収率は年々上昇傾向です。
競艇情報サイトでは現地至上主義を掲げているところが他にも多数ありますが、黒舟ではモーター音やエンジンの吹け上がり・ノビなど目の肥えたスタッフでしか分からないような些細な優劣をすべてデータに落とし込んでいます。

 

現地取材で得た情報から買い目を算出したり、精査を行うアルゴリズムが他社より高精度なので、ライバルサイトよりワンランク上を行っていると利用者から評判です。
全ての的中実績が偶然ではなく必然によって導かれたものなので、黒舟は毎週安定した成績を残しています。