遊びではなく真面目な投資として考えても、競艇は十分に魅力的なスポーツです。

競艇はギャンブルではなく投資

投資家のイメージ

競艇とはまさに安定した長期的な利益を365日休まず得て頂く事が可能な「投資方法」

 

競艇の公式ページでは上記のような紹介をしていて、言葉の通り競艇はギャンブルではなくて投資として取り組むことが可能です。
「競艇=投資」ではなく、趣味で適当に予想して舟券を買う場合は「ギャンブル」、過去のデータから期待値を算出して理論的に舟券を買うことが「投資」です。

 

 

他の投資よりも優れている理由

公営ギャンブルにあたる競艇は国が胴元になって利益を上げています。
舟券の売上が払戻される還元率(控除率)は75%と決まっていて25%は運営費用と運営元の利益になる仕組みです。

 

投資として見た場合は効率が悪いように感じるかもしれませんが、確実に75%が還元されるクリーンでオープンな運営であることと、ライバルになる他の参加者が弱い点に勝機があります。

 

参考記事:競艇を選ぶことによるメリットについて

 

株やFXより勝ちやすい?

投資の代表格である株やFX、仮想通貨などは相対取引と呼ばれていて、短期的な売買では誰かが利益を出すと誰かが損をする仕組みです。
株の場合は業績が上がれば買った人が全員儲かる仕組みですが、短い短期軸で見れば実需の買いと売りではなく、投機的な買いと信用売りによって日々の株価が動いています。

 

FX、仮想通貨、日経平均先物などは新規買い・新規売りを同じ条件で投資することができ、証券会社の手数料を考慮しなければ還元率100%で勝率は50%になる計算です。

 

証券会社の手数料は投資額や得られる利益に対して僅かなので普通の投資商品の方が効率は良いですが、ここで紹介した投資商品はライバルがプロの投資家(機関投資家)になります。
機関投資家は資金力が個人とは桁違いで、仕掛けによって理屈関係なしに価格を操作することがあります。

 

短期的な投資で見た場合、機関投資家は個人を食い物にしていて、個人が取ったポジションに反応して機関投資家のアルゴリズムが作動するため、新規建てをした時点で個人は不利な立場に追いやられる仕組みです。
競艇と同様に株やFXも9割以上の人が負けるのには理由があり、「還元率=期待値」ではありません。

 

競艇は趣味で適当に予想している他の参加者を相手に、徹底した分析した情報で勝負すること勝率が高まります。
黒舟など競艇予想サイトを使ってプロ級の予想精度で運用することは、機関投資家のようなプロ側の立場で一般参加者を食い物にするのと同じです。

 

 

他のギャンブルとの違い

データ分析

競艇は全競艇場・全レースで出走数、距離、コースレイアウトが全て共通のため、他のギャンブルよりもデータ分析がしやすいです。
他のギャンブルの特徴や競艇に比べた欠点を見て頂ければ、競艇が如何に理論的な買い目を組み立てられるのか理解できますよ。

 

競馬
  • 距離、斤量などがレースごとに異なる
  • 馬は常に100%の実力を出すとは限らない
  • 枠順による優劣の差は僅か
  • 騎手、血統、馬場状態など予想ファクタが多すぎる

 

競輪
  • 枠順による優劣はほとんどない
  • 基本的には強い選手が勝つ
  • 有力選手同士の戦いは常に僅差の勝負になり運の要素が大きい
  • 競輪場によって1周の長さが違う

 

オートレース
  • 枠順よりもハンデが重要
  • 同じ枠順とハンデでレースしても毎回異なる結果になりやすい
  • 2着以降は走路の巧拙による影響が多い(運の要素が大きい)

 

パチンコ
  • ボーダーを超えるほど甘い釘にしているケースが滅多にない
  • 一定時間大当たりしなくできる遠隔操作(制限)をできる噂がある

 

パチスロ
  • 設定1の機械割は90%以上あるが、設定1をずっと打ち続けると投資金を半分以上失うことが多い(本当の期待値が不明)
  • 勝てるかどうかは店側の設定次第で、投資としてやるなら強いイベントで抽選に勝つ必要がある

 

競艇
  • 1コースの1着率が約50%
  • 競艇場によってデータの傾向が顕著に表れる
  • 選手の立場と状況で変わる戦術が読みやすい
  • 水面や風などのコンディションで波乱の発生率を予測できる

 

このように、競艇はデータに沿った投資をすれば、期待値通りの結果になりやすいです。
還元率は75%しかありませんが、回収率100%以上を期待できるロジックは多数あるので、正しい分析ができていれば長期的に安定した利益を積み上げることが可能です。