三連単を当てるのはとても難しいですが、冷静に展開を読めば不可能ではありません。

3連単で勝つには

1位から3位までの順位

競艇の3連単は総組み合わせ数が120通りで公営ギャンブルの中でもっとも当たりやすいです。
しかし、1点あたりの的中確率は0.83%しかなく、素人の予想では毎レースを当てるのが困難で他の公営ギャンブルと同様に参加者の9割以上が累計で負けています。

 

競艇の3連単で勝つには、堅いレースと荒れるレースを見極めて、展開に応じて効率的な買い目を組み立てることが大切です。
3連単で勝つためのテクニックをまとめました。

 

 

波乱要素を見極める

競艇は3連単でも配当金が低くなりやすく、10点買い程度でもトリガミになることが珍しくありません。
本命・中穴・大穴など、幅広い結果をカバーできる買い目にするとトータルでマイナスになる可能性が高まるので注意しましょう。

 

予想する際は本命決着になるのか波乱になるのかを見極めて、予想される展開に応じて買い目を組み立てるのが勝利への近道です。
トリガミになるのが嫌な人は、本命決着の可能性が高いレースを避けるなど、舟券購入するレースを絞り込むとよいでしょう。

 

 

展開に応じた買い目にする

視点を変えて予想するイメージ

競艇の3連単は5~10点ほどの買い目で勝負するのがセオリーです。
買い目を組み立てる際は、実力の高い選手を優先的に買うのではなく、展開に応じた買い目にする必要があります。

 

たとえば内枠に有力選手が並んでいる場合、人気上位の買い目は1→2→3、1→3→2、1→2→4などと内枠の選手が絡んだ内容にするのが基本です。
3~5点くらいで勝負するなら人気上位の買い目だけで勝負するのもいいですが、購入点数を少し広げるなら展開を的確に予想してください。

 

また、4コースの選手がまくりをする可能性が高い場合、4コースの積極的な進入で2コース・3コースの選手がラインから外れる場合があります。
この場合は、1→2→3、1→3→2などの内枠中心の買い目と、1→4→5、1→4→6など外枠を絡めた買い目を組み合わせるとよいでしょう。

 

強い選手を見極めるだけではなく、ある選手が上位に来た場合にその反動で崩れる選手まで予測できれば、3連単の的中率・回収率が飛躍的に高まります。

 

 

まずはプロの予想で稼ぐ

競艇の3連単予想をマスターするには、長い期間の勉強と経験を積む必要があります。
初心者がネットの情報を元に、数時間勉強するだけで勝てるような難易度ではないことを覚えておきましょう。

 

3連単で勝つスキルを身に付けるには、まずはプロの予想で稼ぎながら経験を積んでいく方法がおすすめです。
競艇予想サイト「黒舟」の場合は、有料予想のみで3連単の買い目を配信していますが、どれも情報料に対して大きな見返りを期待できるパフォーマンスを確保しています。

 

1レースあたり5点ほどの小点数で驚異的な的中率を確保しているので、初心者が3連単で勝つために最も手っ取り早い方法です。
競艇参加者の大半は、累積で数十万円以上の損失を出した結果、長期的に勝てる予想スキルを身に付けられずに退場しています。

 

それであれば、有料であってもプロの予想に乗っかって手堅く稼ぐ方法を検討してみる価値があるのではないでしょうか?
「黒舟」はリーズナブルな3連単予想もよく当たるので、まずは一度挑戦してみてください。
信憑性に不安がある方は、「黒船」の無料の3連単予想から始めて軍資金を稼ぐ方法をおすすめします。

 

三連複で勝率を上げるには