コースによって勝率統計数は全く異なりますが、それ以外にも見極めるポイントがあります。

3連複で勝つには

お金を持った男性

3連複は初心者でも当てやすくて、的中率を重視したい場合におすすめの券種です。
競艇の3連複で勝つには、少ない購入点数で勝負するようにしましょう。3連複を活用した競艇必勝法を紹介します。

 

 

3連複は20分の1で当たる

競馬など他の公営ギャンブルをしている方は、3連複といったら3連単の次に当てるのが難しくて高配当を狙えるイメージを持っている方が多いでしょう。
競艇の場合は6艇しかないため、全体の半分は3着以内に入ります。
総組み合わせ数は2連単よりも少ない20通りで、適当な数字を選んでも5%の確率で当たる計算です。

 

20通りしかない中で10点前後を勝った場合、波乱のレースで高配当が付かない限り、トリガミになってしまうので注意しましょう。
競馬をやる人ならフルゲート(18頭)のレースで単勝を当てるのと同じくらいの難易度だとイメージすれば分かりやすいです。

 

 

コース別3着内率

 

競艇場や集計期間によって若干異なりますが、競艇のコース別3着内率の目安は以下の通りです。

 

1コース

75~83%

2コース

60%前後

3コース

50~55%

4コース

35~45%

5コース

30~35%

6コース

20%前後

 

ボートレースの公式ページより、競艇場別および選手別のコース別3連対率を公開しています。
3連複を当てるには、こうした3着内率(3連対率)のデータを元に理論的に分析することが大切です。

 

1コースに入る可能性が高い1号艇を軸にするのがセオリーですが、20%前後の確率で1号艇が4着以降に沈みます。
3連複を活用する際は、堅いレースと波乱のレースを見極めることから始めて、予想される展開に応じて少ない点数で勝負するとよいでしょう。

 

 

3連複予想は奥が深い

初心者は「1.2.3」、「1.2.4」など有利性の高い艇番号を組み合わせた3連複ばかり買う人が多いですが、5・6コースの外枠も40~50%ほどの確率で3着以内に入り込んできます。
購入点数を広げるとトリガミになりやすく、本命ばかりを狙っていても外枠の躍進で的中率・回収率が伸び悩むものです。
3連複でも2着・3着争いの展開をピンポイントで予想しないと勝ち続けることは難しく、利益を出すことで見れば3連単と同じくらいの難易度になっています。

 

3連複予想は意外に奥が深いので、初心者の方はプロの予想に乗っかることが勝利への近道です。
競艇予想サイト「黒舟」なら、1日2レース分の3連複情報を無料で受け取れるので、簡単に勝つことができますよ。
黒舟の3連複は4~6点ほどですが、外枠を絡めることが多いので平均配当が高いと評判です。

 

3連複は20通り中、的中するのは1通りなので理論上は5%で当たりますが、1コースの3着内率が80%をはじめとしたデータ分析を突き詰めた予想をすれば的中率70~80%ほどまで高められます。
黒舟の無料予想でも少ない購入点数で的中率70%以上を確保しているので、コンスタントに利益を積み上げていけると評判です。